鍼灸でどんな病気が治るの?

正しい認識は、体験によってのみ与えられる!

 当院の治療は、身体の自然治癒力(恒常性保持機能と言い、身体を自然の状態に戻す力)の強化および、免疫力の向上を目的としていますので、どんな疾病に対しても、効果を現すことが出来ます。例えば、体調がすぐれずに病院で検査を受けたが、原因不明と言われた。あるいは風邪を引き、解熱したもののその後体調が思わしくない。また、OA症候群による眼精疲労等々、その適応範囲は、多岐にわたります。その他、鍼灸適応疾患をあげてみましたので御参考にして下さい。

>神経系<
神経痛(三叉、肋間、坐骨等)・顔面神経麻痺・ヘルペス・自律神経失調症・メニエル症・うつ病・めまい・頭痛・歯痛
>運動器系<
五十肩・頸肩腕症候群・むち打ち症・肩こり・寝違い・腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・変形性膝関節症・リウマチ・捻挫・テニス肘・腱鞘炎
>消化器系<
胃炎・胃下垂症・口内炎・胃、十ニ指腸潰瘍・慢性肝炎・慢性腸炎・下痢・痔
>循環器系<
高血圧症・低血圧症・動脈硬化・心臓神経症・動悸
>代謝障害<
糖尿病・甲状腺機能障害・痛風・脚気・むくみ
>呼吸器系<
風邪・インフルエンザ・気管支炎・喘息・咽頭炎・扁桃炎
>泌尿器系<
性腎炎・ネフロ-ゼ・膀胱炎・前立腺肥大・陰委
>感覚器系<
眼精疲労・仮性近視・白内障・鼻炎・耳鳴り
>婦人科系<
更年期障害・生理痛・生理不順・冷え症・のぼせ・つわり・不妊症・逆子矯正
>小児科系<
アトピー性皮膚炎・小児喘息・虚弱体質・夜尿症・かんのむし
>その他<
アレルギ-・じんましん・慢性疲労・無気力症

▲トップへ